長期的な目線で考える

薬

医師の経験が大事

抗うつ剤はうつ病になった際に使用する薬です。うつ病は何もする気が起きない、仕事に行くのが辛いといった症状が起きます。これらの症状が起こるのは脳の感情を司る神経のバランスが崩れることが原因です。辛い出来事があった、また人間関係の悩みやストレスなどが原因で脳内のバランスが崩れることでうつ病特有の症状が起こります。つまり、治療で必要なことは脳内の感情を司る神経のバランスを正常化することです。そのために使用する薬剤が抗うつ剤です。診療内科で処方される薬なので服用すると感情にも影響を与えるのではないかと不安に感じる患者もいますが、そうではなく、脳内のバランスを正常化するためだけに作用するので不安に感じる必要はありません。抗うつ剤は古くから使われている薬で、今も進化しています。症状や患者の性格に合わせて最適なものが処方されます。最新の薬であれば必ず効果があるとは限らないことが難しい点です。また、服用したからすぐに効果が現れるというものではなく、時間をかけて効果が現れるので長期的な目線で治療を考えておく必要があります。焦ってしまうとせっかくの薬の効果を台無しにしてしまう可能性もあります。服用することをポジティブに考える必要があります。診療内科を選ぶときには、治療の実績が豊富である医院を選ぶことがポイントです。なぜならば、うつ病の症状にはさまざまなものがあることに加えて、抗うつ剤にもたくさんの種類があります。どのような症状であるかを判断して、数多くある抗うつ剤の中から適切なものを選ぶことができるには治療の経験が必要です。そのためにも経験豊富である医療機関を選ぶことで安心できます。また、症状が改善しないときには使用する薬を変更することを検討します。どのタイミングで変更するか、またどの薬に変更するかといった判断には経験が必要です。薬を服用することで効果が出ているかを判断するためには患者の様子をよく知っている必要があります。薬を処方したからそれで終わりということではなく、定期的に診察を受けることが変化を知るためには大事です。なので、こまめに医師が診察してくれるかということもポイントです。抗うつ剤は種類によっては副作用が起こることがあります。医療機関で必要なことは、服用することで起こる可能性のある副作用について十分に説明をするとともに、飲み方の注意をすることです。必要であれば患者本人だけでなく、付添の家族にも説明することが確実であると言えます。