リスクを把握

医者

離脱は医師の指示が大切

うつ病の治療に抗うつ剤は不可欠です。更に長期にわたって服用しますので副作用に関しても十分理解しておく必要があります。特に女性の場合は、妊娠や出産、授乳などの際に抗うつ剤による副作用を心配する人が多いです。抗うつ剤は常に開発が進み年々新しい薬が登場しています。担当医師による判断で薬を選び服用していきます。薬の種類によって有効性と副作用があります。例えば、うつ病の症状が深刻な場合、副作用よりも有効性を見て薬を選択するケースもあります。逆に症状がそれほど深刻でない場合は、なるべく副作用がない薬を選択して様子を見ていくこともあります。最近は新しい優れた薬品が登場していることにより、薬の有効性と副作用のバランスのよいものを選ぶようになっています。副作用の現れ方は個人差があります。中には服用を続けていくうちに副作用に慣れていく場合もあります。副作用があまりに辛い場合は、我慢せずに担当医師に伝えて薬を変更してもらう必要があります。また副作用を和らげる薬を処方してもらうことも出来ます。副作用を見極める基準として、明らかに体に支障を感じる場合は、すぐに服用を中止して受診します。何とか生活が送れる場合は、少し様子を見てみるとよいです。抗うつ剤は非常に多くの種類があります。新しく開発された薬から、比較的長く処方されているメジャーな薬まで様々です。抗うつ剤の主な種類として、SSRI、SSRI、NASSA、三環抗うつ剤、四環抗うつ剤などです。適切に使用することで、うつ症状を和らげることが出来てとても優れた効果を発揮してくれます。うつ病と関係する神経伝達物質として、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンが関係しています。うつ病の症状によって、不安が大きい場合は緊張を和らげる効果が期待できる薬を選択しますし、やる気が出ない元気がないなどの症状には、ドーパミンを増やして気分を高揚させるなど、症状に合わせて処方していきます。その為、治療中には何度も薬が変更になるケースもあります。うつ病の治療は長期間に及ぶことが多いので、急に薬を停止すると離脱症状が現れる場合があります。強い反応が起こることもありますので注意が必要です。改善が見られた場合は、薬を減らしていったり、担当の医師の指示に従ったりすることが大事です。運転をする場合は、安全性に関して担当医師に確認しておくと安心です。薬の効き目や服用量は安全性が確認された範囲で設定されています。場合によっては複数の種類の薬を服用するケースもあります。