うつになったらすぐに通院

男性

気兼ねなく診察を申し込む

現代社会はストレスを抱えている人も多く、うつ病などを発症してしまう人も割と多くなっています。少しでもストレスで精神的に堪えてしまった時などには、しっかりと自分をケアすることが、うつ病にならないためにはとても重要となります。不安や抑うつ的な気分などがひどくなり、仕事や日常生活にも支障が出るようであれば、できるだけ早期に精神科や心療内科などを受診することが必要です。街のクリニックなどでも心療内科を見つけることが出来るので、自宅近くで探して通院して抗うつ剤や抗不安剤などを処方してもらうと良いでしょう。診察を受ける際には、日常生活でどのような症状に悩んでいるかを確認しておくと、診察がスムーズに進みます。ストレスの原因となることがわかるようであれば、そういったことも整理しておくとお医者さんも診察がしやすくなり、適切な抗うつ剤等を処方してくれます。初めて心療内科や精神科に掛かる際には、どのように申し込みをすればよいかわからないという人も多いですが、通常の内科や歯科などのように、予約の電話をして来院することになるでしょう。申込の方法は、利用する病院や診療所によって違いがあるので、ホームページや電話で事前に確認しておくと良いでしょう。うつ病の治療方法としては、基本的には心療内科や精神科などでカウンセリングを受けながら、抗うつ剤などを使って徐々に症状を治しておくことが基本となります。抗うつ剤は、即効性がないものも多く、継続して使用することで効果が表れてくるものも多いので、気長に治療を行うことが必要となるでしょう。治療の最中でも仕事を継続して行わなければならないようなことがありますが、できるだけ無理をしない様にすることも重要になってきます。出来ればお仕事もお休みを取るようにして、ストレスが少ない環境に身を置いていたほうが治りも早くなるでしょう。うつ病の原因となっていることが明確であれば、抗うつ剤の治療を継続していても症状が良くなりにくく、治っても再発してしまうことが考えられます。自分の心のことを考えて、日常生活からうつ病の原因となっているものを遠ざけることも治療には必要となるでしょう。お仕事での人間関係がストレスとなってしまい、うつ病を発症してしまったという人は、会社にお願いして環境を変えてもらうようにすることも有効となります。場合によっては、お仕事を転職することも考えてみることも必要であり、それを逃げることだと考えるのは避ける必要があります。

うつ病の症状とは

看護師

抗うつ剤はうつ病などの精神病に効果的です。服用を続けることによって症状を和らげて完治に導かせることができます。重度の症状で通院が必要な場合は自立支援医療制度が適応されますので自己負担は1割に抑えられます。

もっと詳しく

うつ病専用の薬

聴診器

最近ではその安全性も増して民間の医療で使用される機会も増えた抗うつ剤ですが、そこには副作用の危険性もある他、費用もかかってしまいます。出来れば日常生活の中でうつ病を発症しないようにしていく事が望ましいです。

もっと詳しく

長期的な目線で考える

薬

抗うつ剤は脳の神経伝達物質の分泌を正常化するために服用します。さまざまな種類の中から適切な薬を見つけるためには医師の経験が必要です。そのため、治療経験の長く、信頼できる医療機関を選ぶことがポイントです。

もっと詳しく

リスクを把握

医者

抗うつ剤を使用してうつ病の治療に入る際には、正しい知識を持つことが大切です。治療効果が十分出た場合は、医師の指示に従って減薬していきます。急に中断すると、離脱症状が現れてしまいますので注意が必要です。

もっと詳しく